倉沢杏菜の家族構成!両親と妹の4人家族で悩み相談はいつも母に!

倉沢杏菜の家族構成!両親と妹の4人家族で悩み相談はいつも母に!

倉沢杏菜の家族構成!両親と妹の4人家族で悩み相談はいつも母に!

こんにちは。

俳優の倉沢杏菜さんは、山田涼介さん主演の連続ドラマ「ビリオン×スクール」(2024年、フジテレビ系)にて、スクールカースト1軍女子の松下リナを演じています。

そんな倉沢杏菜さんの、家族構成について調べてみました。

スポンサーリンク

倉沢杏菜さんについて

引用元: instagram.com

倉沢杏菜さんは、デビューしてからまだ間もない、ネクストブレイク俳優です。

現役大学生ですが、俳優業も積極的にやっています。

karasu
蒼井優さんにめっちゃ似てる〜
devy
たしかに〜

倉沢杏菜さんのプロフィール

誕生日 2005年3月18日

出身地  神奈川県

活動期間 2022年 〜

活動内容 俳優

事務所 レプロエンタテイメント

趣味 風景写真を撮ること、K-POPダンスを踊ること

特技
クラッシックバレエ(5歳から8年間)
ダンス(高校-ダンス部、大学-K-POPダンスのカバーサークル)
茶道(中学生の時、茶華道部に所属)

好きな食べ物 いちご

倉沢杏菜さんの学歴については、こちらをどうぞ⇩

倉沢杏菜の学歴!語学留学を断念し大学に進学した英語弁論大会の出場経験者

倉沢杏菜さんの経歴

引用元: instagram.com

倉沢杏菜さんは、高校生の頃、現在の所属事務所「レプロエンタテインメント」が2021年から2022年にかけて開催した

「レプロ30周年主役オーディション」

を、たまたまインスタグラムで見つけて応募しました。

それまで、演技は未経験だったのですが、何ヶ月にもわたるオーディションの期間中の成長が認められて、5000人の中から見事合格に選まれました。

というわけで、2022年にデビューしたばかりの、ネクストブレイク俳優です。

顔が、蒼井優さん似の、かわいい系の美人なのに、一目見たらすぐ覚えてしまうような、インパクトがあります。

スポンサーリンク

倉沢杏菜さんの出演作品

今までの主な出演作品は、次のとおりです。

でも、役名の無い出演番組では、名前の無いちょい役での出演でした。

ZIP!朝ドラマ「パパとなっちゃんのお弁当」(2023年、日本テレビ系)(デビュー作品)
映画『私の卒業プロジェクト』 vol.4 「18歳、つむぎます」
田中敬子役(映画初出演)
ドキュメンタリードラマ「ケーキの切れない非行少年たち」(2023年、NHKBS1)
「君には届かない」(2023年、TBS系)黒沢役
「ノッキンオン・ロックドドア」(2023年、テレビ朝日系)岬のクラスメイトの女子高生役
連続ドラマ「先生さようなら」(2024年、日本テレビ系)斉藤全子役(ドラマ初レギュラー出演)
夜ドラマ『VRおじさんの初恋』(2024年、NHK)ナオキ役(最終回2024年5月23日)

連続ドラマ「ビリオン×スクール」(2024年、フジテレビ系)松下リナ役

引用元: instagram.com

倉沢杏菜さんの演技力についてはこちらをどうぞ⇩

倉沢杏菜の演技はなぜ高評価なのか?中年男性に成り切る憑依型女優だから!

倉沢杏菜さんの家族構成

引用元: instagram.com

倉沢杏菜さんの家族構成は

父親

母親

と倉沢杏菜さんの4人です。

みなさん一般の方なので、お名前や職業は公開されていません。

倉沢杏菜さんは、特にお母様と仲が良くて、いろいろなエピソードがあります。

スポンサーリンク

母親

倉沢杏菜さんが俳優になろうと思った、一番最初のきっかけを作ったのは倉沢杏菜さんのお母さんでした。

倉沢さんのお母さんは、倉沢さんがまだ幼稚園児だった頃に

ミュージカル映画『ハイスクール・ミュージカル』

を娘たちに見せたのだそうです。

幼稚園児に『ハイスクール・ミュージカル』を見せる母親って、めっちゃ素敵ですね!

まさに、そのミュージカル映画を見たのが、「お芝居」と言うものに興味を持つきっかけになったのだそうです。

あと、倉沢杏菜さんは中学生の授業参観の時に、英語劇をで披露したのだそうです。

その演技を見にきてくれていたお母さんから、

「俳優をやってみたら?」

と言われたことがすごく嬉しくて、俳優を目指してみようかなと言う気持ちになれたそうです。

事務所のオーディションの時も、お母さんが

「受けてみたら」

と背中を押してくれたそうです。

倉沢杏菜さんは、お母さんのことを、特別信頼していて、とても仲が良かったそうです。

あるインタビューで、自分の悩みは友達ではなく、母親に相談したと語っています。

小さい頃から友達に悩みを話すのではなく、母と話すことが多かったんです。

母は絶対にポジティブな言葉を返してくれました。

母と時間を掛けて話して、解決していくということを小さい頃からやってきました。

それがようやく自分の中でもできるようになってきたのかなと思います。

たくさん向き合ってくれた母には本当に感謝しています。

引用元: encount.press

devy
すごい仲の良さ!

夜ドラマ『VRおじさんの初恋』が最終回を迎えた時に「VRおじロス」が続出したそうなのですが、倉沢杏菜さんはインタビューで

「家族もすごくハマっていて、放送が始まった時から「(放送が)終わらないでほしい!ずっと見ていたい!」と言っています」
と語っています。
ご両親も妹さんも、ドラマにどっぷりハマっていたのですね!
そもそも、ドラマ『VRおじさんの初恋』の主人公が〈ロスジェネ世代〉のおじさんという設定ですが、その言葉自体を知らなかった倉沢杏菜さん。
まず〈ロスジェネ世代〉とは一体何かを調べることから始めたそうです。

両親に話を聞いたり、街中でその年代の方がいたら、「移動中はどんな行動をしているのか?」と、佇まいや行動などを観察してみたりしました。

引用元: thetv.jp

そのドラマでは、主人公の〈ロスジェネ世代〉のおじさんの気持ちがわからないといけないので、お父さんにも、積極的に、話を聞いたのですね!

倉沢さんは、妹さんのことはあまり口にしませんが、あるインタビューで

「お芝居に興味を持つきっかけが、幼稚園の頃に見たミュージカル映画『ハイスクール・ミュージカル』でした。

サウンドトラックを妹と車で聞きながら熱唱していたおかげで、英語の発音を褒めていただくことが多かったんです。

引用元: encount.press

と語っています。

妹さんと一緒にサントラを聞きながら、英語の歌を歌うようになって、そこから、英語にも興味を持つようになったのだそうです。

1人で歌うよ李、姉妹でう一緒に歌った方が、ずっと楽しかっただろうと思います。

karasu
姉妹っていいねー

そうやって、小さい頃から、英語の歌を真似して歌ったりしていたので、

「発音がいい!」

と褒められて、中学生の時には、英語の弁論大会にも出場したそうです。

こちらもどうぞ⇩

倉沢杏菜は第2の蒼井優!?ソックリな【画像比較】と他の共通点3つ!

おわりに

倉沢杏菜さんは、暖かい、仲の良い家族に支えられて、幸せに、のびのびと育ったと言うことが、よくわかりました。

特に、お母さんのことを、本当に、信頼して、尊敬しているのがわかります。

同じくドラマ「ビリオン×スクール」の生徒役を務める松田元太さんについてはこちらをどうぞ⇩

松田元太はなぜ九九が言えない?おバカはビジネスで地頭は良い【九九ニキ】

ドラマ「ビリオン×スクール」のスクールカースト1軍女子生徒、東堂雪美役を演じる大原梓さんについてはこちらをどうぞ⇩

大原梓の家族構成!実家が糸島で博多弁が抜けなくて仕事に影響?

スポンサーリンク